はんこに使用する書体

印相体

篆書(てんしょ)を基礎にして意匠化した書体。主に個人の実印に多く使用され、印鑑独自の書体です。

古印体

隷書を基本とし、そこに丸みを加えた書体。この書体は日本独自のもので、多くの既成認印に使われています。主に認印や銀行に多く使われております。

楷書体

隷書から転化した字形の方性な書体。横画を平行に書かず、すこし右上がりにして、一点画を続けて書かないのが特長です。

篆書体

左右均一な線幅が特長。幾何図形的な美しさとともに、古代的な荘重さを兼ね備えています。実印に限らず、すべての印に適しています。特に役職印・角印にはこの書体が多く使われています。

行書体

楷書と草書の中間の書体。楷書の字画を少し崩した感じになります。主に認印に使われています。